Archive for 2013年11月17日

グランピング

今、ちょっと(どころではないのですが)贅沢に過ごすキャンプ、その名も「グランピング」が日本に上陸しつつあります。

キャンプっぽく外で過ごすのですが至れり尽くせりのサービスが付いてくるプランの名称らしいです。

海外では砂漠のオアシスに贅沢な作りのコテージがあったりと凄いサービスもあります。
国内にもぼちぼち増えてきているようで、例えば伊勢志摩のキャンプ場では広いコテージにウッドデッキがあり、ベッドメイキングや高級食材を使ったBBQなどが付いてきます。

池のほとりなのでは景色も良くてハンモックや手漕ぎ船なども完備。
もはやキャンプか?

という気がしないでもないですがお友達と気軽に来れて野外感も味わえるのはいいですね!

職業体験

子どもが様々な職業を疑似体験できるテーマパークがあります。「キッザニア東京」という所です。
本当にたくさんの職業があるので試してみる、だけでなくいつも行くお店の店員側の気持ちになってみるなど楽しく勉強になる施設です。
グラフィックデザイナーや獣医さん、モデルなど憧れの職業体験もある中、もの凄い職業(?)を見つけました。

それは税務官(笑)

簿記どころか九九が精一杯の子ども達に税金の仕組みや税務職員としての心構えを勉強して理解できるのか?ちょっと謎すぎます。
「マルサの女」ではありませんが、こういう所で得た知識で友達の家に行った時に、ドアに足などを挟んで「税務署の者ですが」なんてやってしまったら、そちらの方が後で大変な気がするんですが。
色々試すのはいいですが、選択は慎重に(笑)

ルームスプレーを自作する

消臭剤が種類が多くなってきました!テレビCMもガンガンやってますよね。
あれだけ香りがあれば好きなブランドに出会うのも難しくはないと思いますが部屋の香りこそ、自分が最もお気に入りのものでありたいものです。
そこで、手作りが最強!という考え。1度材料を揃えてしまえば結構簡単ですし。

用意するのは無水エタノールと精製水、それから好きな香りの精油だけ。
エタノール1に対して精製水は9。精油は香りの強さの好みもありますが5~6滴でいいんじゃないでしょうか。
これなら好きな香り、かつ好きな濃度も決められます。
防腐剤が入ってないので1ヶ月位で使い切らないといけませんが、大きなスプレーを容器にしなければ無くなったら作る、という循環でやっていけます。

好きな香り探しは楽しいです!

掃除好きの国民性

ドイツ人は掃除好きな方が多いそうです。

ガーデニングに夢中になるイギリス人が多いのと同じ感覚なんでしょうか。

ことわざもあって「整理整頓は、人生の半分」。
何を言おうとしているのか若干意味不明ですがそれだけ整理整頓が大事なんだよ、という事かな?

ちなみに家の外壁や窓が汚れているとチャイムを鳴らされて「汚れているよ!」と言われる事もある位だとか…。

綺麗好きで知られる日本人も負けれはいられないですね。
ちなみにドイツでの掃除の鉄則は「使ったら、即綺麗にする」だそうです。
そうですよね、綺麗に保っていて使ったら使った所だけ掃除すればいつでも簡単ピカピカです。
言うは易く行うは難しではありますが。

見習って頑張らないと!

28億年後の地球

スコットランドの学者さんが声を大にして大変な研究結果を発表しています!

何と「太陽の膨張が始まる50億年後頃、地球には生物が全滅すると言われていたが、実はもっと早くて28億年後には水分が蒸発して全滅する可能性が高い」んだそうです!

うん、全く現実味がなさ過ぎてもはや関係ない位、先のお話です(笑)

いえ、自分の子孫の子孫の…と未来を考えれば大変な事なのかもしれませんが、宇宙ステーションとの往復もあっさりこなす現在の技術力から考えたら、約30億年後だととっくに宇宙へ飛び出していそうですし、もしかしたら地球ごと動いていてもおかしくない?

かもしれないですよね。

時間を超越して研究している方を見ると面白いやら羨ましいやら、です。

沈む公園

オーストリアに珍しいダイビングスポットがあります。
季節限定で現れるんだそうです。

アルプス山脈の間にある、ちいさな村の公園なんですが、夏から早春までは普通の公園なので、木があってベンチがあってとごくごく普通な風景。

ところが、アルプスの雪解け水が一気に増水するとこの公園は水の中に沈むんだそうです。
7月に水がひくまでこの公園はスキューバダイビングのスポットとなって、世界中から人が集まるとか。

遊歩道やベンチが沈み、森が水の中にある不思議な光景が広がっているので人気のほども伺えます。

YouTubeに動画がいくつもあがっています。
「グリーンレイク」と英字で検索すると出てきます。

是非映像で見ていただきたい美しさです。